様々な面から見たオンラインカジノの安全性

オンラインカジノはインチキだらけ?

オンラインカジノには、詐欺やインチキが存在すると思っている方は多いでしょう。
顔が見えないネット上のギャンブルは疑わしいと感じる方は実際に多く、オンラインカジノに興味はあるけれど踏み出せないという方は少なくありません。

結論から言うと、オンラインカジノには詐欺やインチキは存在しますが、一部のサイトのみになります。
悪質カジノと呼ばれるようなオンラインカジノではインチキや詐欺が行われていますので、けして登録をしてはいけません。
こういった悪質カジノに登録をしてしまうと、プレイヤーがどう頑張っても勝つことが出来なかったり、そもそもサポートに支払いを申請しても払い戻しが出来なかったりします。
また、ある日突然サイトが閉鎖してしまうなど、夜逃げをしてしまうようなサイトや、登録をすると執拗にスパムメールが届くようになってしまったりと個人情報漏洩を平気で行うようなオンラインカジノもありますので、気を付ける必要があります。

オンラインカジノはギャンブルの一つですが、実はサイトの選定の時点ですでにギャンブルは始まっているのです。

知名度の高いオンラインカジノを選べば問題はない

このように、悪質なカジノもあるのは事実なのですが、一般的に知名度が高いオンラインカジノを選べばこのような詐欺やイカサマの危険性はほぼありません。
プログラムやカジノのソフトウェアに関してはライセンスが発行される時点で審査されていますし、外部の監査団体からも監査が入ることになります。
不正があれば、その時点でライセンスははく奪されてしまい、運営が出来なくなってしまいます。

第三者機関からの認定を受けており、ライセンスを取得していて、さらに信頼性の高いゲームのソフトウェアを採用していれば、ほぼ問題なくオンラインカジノは安心して遊べます。

詐欺をしなくてもカジノは儲かる仕組みになっている

オンラインカジノは、詐欺や不正を行わなければ、運営業者が儲からないというものではありません。
オンラインカジノは、実はプレイヤー側が最終的には少し損をする仕組みになっていて、運営側が儲かる仕組みになっています。
従って、一時的な収益のために、優良な企業が、信頼を落としてまで不正行為を働く必要はないわけです。

高い知名度を得ているオンラインカジノの業者は多く、オンラインカジノの運営のために高額なライセンス料を支払っています。
このため、リスクを冒してまで詐欺やインチキをすることはないと考えられます。

オンラインカジノと法律的な問題

オンラインカジノで遊ぶ場合に知っておきたいのが法律的なことです。
オンラインカジノは、違法というイメージがあります。
しかしながら、実際のことに関してはあまり知られていないといえるでしょう。

実はオンラインカジノは違法でも合法でもないという位置づけであり、グレーゾーンであると考えられています
違法でも合法でもないというのはどういったことなのかというと、オンラインカジノを裁くための法律が日本には現時点で存在していません。
法律でしっかりと認められているということはないので合法とも言い難いのですが、オンラインカジノに関する法律そのものがありませんので、違法とも言い難いのが実際のところなのです。

日本の賭博罪に引っ掛からないの?

オンラインカジノは日本でいう賭博罪に引っ掛かってしまうのではないかと思われがちです。
しかし賭博罪というのは、お金を賭ける場所を提供する賭博場開張図利罪、そしてお金を実際に賭ける行為である賭博罪とがあります。
オンラインカジノは、海外の業者が運営をしており、サーバーや運営会社が海外にあります。
このため、オンラインカジノで遊ぶということは、海外旅行先でカジノで遊ぶのと同じと考えられ、罪に問われないといえます。

オンラインカジノの所在地に注意

このように、海外で運営されているオンラインカジノを日本の賭博罪だけで裁くことは非常に難しいです。
しかし、オンラインカジノといっても非常にたくさんのサイトがあり、日本国内で営業されている違法カジノについてはもちろん違法となってしまい、賭博罪の対象となります。
したがって、オンラインカジノを選ぶ際には、こういった違法サイトに引っ掛かってしまわないようにしましょう。

サーバーが海外にあり、そしてきちんとライセンスを取得しているオンラインカジノを選ぶ必要があります。

日本人プレイヤーが不起訴となった事実

2016年に、日本でオンラインカジノをプレイしていたプレイヤーが摘発されるという事件がありました。
しかし、その後略式起訴を受け入れずプレイヤーが徹底して争う姿勢を見せたところ、不起訴処分となりました。

日本の法律では、海外で合法的に運営されているオンラインカジノを賭博罪として裁くことができないので、不起訴処分になったという一つの実例となります。
検察も同じような案件を再び摘発することは考えにくいですので、今後もオンラインカジノで遊ぶことは問題ないと考えられています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です